icon-financial-services

金融サービス向けのCofense

お客様のビジネスとかけがえのない顧客の信頼をフィッシング攻撃者から保護しましょう。

問題

フィッシング攻撃は、金銭にとどまらずお客様のブランドの信頼性にまで影響を及ぼします。

1,850
万ドル
2018年にサイバー犯罪のために金融サービス事業が費やした平均費用。
(Accenture)

重要な金融情報や個人情報の門番の役割を果たす金融サービス事業は、フィッシングの格好の攻撃対象となります。攻撃者は、この情報にアクセスすることを目的とした新しいフィッシング戦術を絶え間なく練り上げています。金融サービス事業にとって、フィッシングセキュリティとは、アカウントのクレデンシャルと資産を保護することにとどまらず、顧客の信頼を確保し、自社の信頼性を維持することを意味します。

icon-financial-services-dark

お客様に信頼いただける包括的なソリューション

 

クリック率の削減

メール詐欺は、攻撃者のお気に入りのフィッシング戦術です。攻撃者は多くの場合、従業員のメールサーバーを乗っ取り、偽のメールを送信することで、受信者をだまし、重要な個人情報を入手します。Cofenseのセキュリティアウェアネストレーニングにより、脅威がお客様のビジネスに影響を及ぼす前に、脅威を特定して報告できるよう従業員を教育することで、従業員のクリック率を削減できます。

82%

Cofenseのトレーニングを受けたお客様のうち、フィッシングの疑いのあるメールを0~59分以内に報告することに成功した割合。
(2021年Cofense年次報告書)

 

その他のソリューションが見逃す攻撃を止める

多くの場合、攻撃による被害は、クレデンシャルの盗難にとどまりません。攻撃はお客様の顧客やビジネスの信頼性に長期的な影響を及ぼす可能性があります。CofenseのComputer Vision、AI、およびヒューマンインテリジェンスの組み合わせを使用して、標準的なセキュリティソリューションでは見逃してしまうフィッシングを素早く捕捉して攻撃を止めてください。

2,700万人

Cofenseを利用すると、お客様は、フィッシングの疑いのあるメールを報告する2,700万人ものユーザーで構成された広範なグローバルネットワークの情報にアクセスできます。
(2021年Cofense年次報告書)

 

脅威の一歩先を行く

金融サービス事業が業界に後れを取らないように新しいテクノロジーを採用するにあたり、セキュリティも進化する必要があります。Cofenseの包括的なソリューションには、絶え間なく進化する脅威情報に臨機応変に対処し、複雑な脅威を検知してその対応と阻止を行うために必要なツールが用意されています。

31

2020年にCofense Intelligenceによるフィッシングキャンペーンで特定された新しいマルウェアファミリまたは過去に活動停止状態だったマルウェアファミリの数。
(2021年Cofense年次報告書)