icon-technology

テクノロジー企業向けのCofense

お客様のビジネスと同じくらい機敏なフィッシング対策戦略

問題

革新的なフィッシング攻撃からビジネスを保護します。

1
億ドル
単純なフィッシング戦術を使用して技術者をだましたリトアニアのハッカーにGoogleとFacebookの従業員が送金した金額。
(New York Times)

テクノロジー企業は膨大な量の情報と資金を利用できるため、攻撃者にとって格好の攻撃対象となり得ます。そして、攻撃はますます複雑になり、高度化しています。ハッカーは、注目を浴びる企業の著名度を利用して恐喝したり、業務のペースが速すぎるために不審なフィッシングに気付きにくい新興企業の従業員につけ込んでメールを送信したりします。

icon-technology-dark

お客様のビジネスとともに進化する包括的なソリューション

 

プライベートデータを保護する

フィッシング攻撃者は、テクノロジー企業が常に革新的な特許を有するソリューションを開発していることを知っています。エンドツーエンドのセキュリティソリューションを使用して会社の機密データを保護してください。ヒューマンセンサーのネットワークをAIおよびML機能と組み合わせたCofenseのソリューションを使用すると、お客様のビジネスを傷つける前に、検知が難しい脅威を検知して阻止することができます。

2,700万人

Cofenseを利用すると、お客様は、フィッシングの疑いのあるメールを報告する2,700万人ものユーザーで構成された広範なグローバルネットワークの情報にアクセスできます。
(2021年Cofense年次報告書)

 

しっかりしたセキュリティを構築する

テクノロジーの新興企業はたいてい、猛烈なペースで働いています。このようなペースのおかげでイノベーションが可能になりながら、ハッカーが忍び寄る余地も生まれてしまいます。なぜなら、従業員の業務のペースが速すぎるために、不審なメールに注意を払うことができないからです。Cofenseのサイバーセキュリティアウェアネストレーニングでは、フィッシングを検知してそれに対応できるようお客様のチームを訓練することで、従業員が一丸となって、社内外から組織を守ることができるようにします。

82%

Cofenseのトレーニングを受けたお客様のうち、フィッシングの疑いのあるメールを0~59分以内に報告することに成功した割合。
(2021年Cofense年次報告書)

 

脅威の一歩先を行く

テクノロジー企業が、絶えず進化する脅威の一歩先を行くには、次世代の検知および対応を実現するインテリジェントなセキュリティプラットフォームが必要です。Computer VisionとAIを組み合わせたCofenseのソリューションは常に学習しているため、攻撃がどれだけ新しく複雑であろうとも、お客様は攻撃を簡単に認識して止めることができます。

31

2020年にCofense Intelligenceによるフィッシングキャンペーンで特定された新しいマルウェアファミリまたは過去に活動停止状態だったマルウェアファミリの数。
(2021年Cofense年次報告書)